私が歩んだダイエット人生

最初にダイエットを決行したのは、19歳の夏のことでした。当時話題になっていた、ご飯中心の和食を食べながら、油は完全に抜くと言う「鈴木式ダイエット」で、4ヶ月で12?痩せました。身長のわりには少し痩せすぎかなと言うくらい痩せたのですが、気を緩めるとすぐに体重が増え始めるので、自分にとってダイエットは一生のテーマだと実感したものです。
その後しばらく体重をキープしていましたが、妊娠を期に体重がドカンと増えて、産後始めたのが、俳優川津祐介さんの提唱する「骨盤ダイエットとお粥による断食」でした。これで1週間で3?ほど落としたものの、戦いはまだまだ続きます。
その後、いくつのダイエットを試したことでしょう?効果があったものと言えば、にんじんジュースダイエットとか、1ヶ月キャベツのざく切りと刺身こんにゃくだけを食べ続けるダイエットとか、最近ではヨーグルトダイエットも効果はありましたが、やめるとすぐにリバウンドしました。
最近では、炭水化物を抜く糖質ダイエットが流行っているようですが、私がこれまで経験したダイエットの中で最も体重が落ちたのは、ご飯をきちんと摂ると言う「鈴木式ダイエット」でした。
実際にそれほど辛さを感じることなく、4ヶ月で12?も痩せたので、最近話題の糖質ダイエット、特に炭水化物を抜くと言うダイエットには、少し疑問を感じます。スリムビューティーハウスって有名みたいで、友達も通っていました

さらなる虫除け対策を

私は最近引越しをしたわけなのですが、引越しをしてまず始めるのが虫除け対策です。
言わずと知れたイニシャルGのあいつに遭遇しないよう、引越し前のバルサンはもちろん、家中の目につく隙間をパテで埋め、いたるところに毒餌を設置するのです。
最終的にGたちが嫌がるという香りのアロマオイルで部屋を香らせ、終了です。
この涙ぐましい努力が実を結んでいるかどうかは不明ですが、ここ10年以上自宅内にてG達に遭遇することはないのです。
今回もまた同じように対策をした訳ですが、今回はいつも通りにはいかなかったのです。
なぜかというと敵はGだけではなかったからです。
相変わらずGの姿は見ないものの、新たな敵が現れました。
それは、カメムシです。
こんな都会になぜカメムシがと瞬殺を試みました。
でもこのころの自分は、カメムシが飛ぶことに気づいていなかった。
あのころの自分を小一時間ほど問い詰めたくなります。
当然飛ばれて私が逃げ惑う羽目に。
まだ臭い被害にはあってはないですが、あれだけ隙間を埋めたのに入ってきたことが問題なのです。
カメムシ達は秋になると家に冬越ししにくるらしく、早めに対策をしないと大変なことに。
この日を境にさらなる虫除け対策を考える日々なのでした。